はじめまして。井内由佳です。
Field of Dreamsの公式オンラインストアにお越しいただきまして、本当にありがとうございます。

わたしのことをご存知ない方も多いと思いますので、ここで少しだけ自己紹介させてください。

ちょっとびっくりされるかもしれませんが、わたしは神さまとお話ができるんです。

25歳でお告げが降りるようになり、28歳から今まで悩める方の相談を受けてきました。

いまはより多くの方に神さまからの詞を伝えようと美容家・しわせカウンセラーとして「しあわせになれる考え方」をみなさまにお伝えしています。

それらを本にまとめたり、全国をいったりきたりの毎日。
二男二女の母として、子育てにも日々、奮闘中です。

「しあわせになれる考え方?」

きっと、そんな疑問をお持ちになられる方も多いかもしれませんね。

実はわたし、少しだけ神さまとお話できるんです。
神さまの詞(ことば)、「お告げ」を聞くことができ、神さまが教えてくれる「しあわせになれる考え方」をお伝えすることができます。

でもなぜ、そんなわたしがスキンケアをつくったのか?
不思議ですよね。

「オンナは可愛がられたい生きもの」

そこにもあるのが「しあわせになれる考え方」。
「しあわせになれる考え方」の1つに「わたしを知る」というものがあります。

自分が誰に、どんなことを言われたとき、されたときがうれしいですか。
こころの蓋を外して、本当に望む姿を一度、考えてみてください。

わたしは「オンナは可愛がられたい生きもの」が1つあると信じています。

「Field of Dreamsは夢を叶える場所」

「虚像のわたし」をつくらず、お肌にも本当に必要なものを届ける毎日。

可愛がられるためにも、こころと同じように外見にも手をかけなくてはいけません。

私たちField of Dreamsの商品はどなたでも結果が出るように特別な成分を配合しています。
美の適齢期は一生です。

Field of Dreamsには「夢を叶える場所」という意味が込められています。

あなたの夢は何でしょうか?
お会いできたときにぜひお聞かせくださいね。

Field of Dreamsのスタッフも

夢を追いかけています

一人でも多くの方がキラキラ輝く人生を歩いて欲しい!

11年間主人が設立した会社をサポートしていた私。会社が急成長し、社員が年々増えるにつれ、嬉しい反面、社員からの相談が多くなり心労が増えるようになりました。

それを察したかのような温かい一言が由佳社長からの「フィールドを手伝って」。
誰にも言えず、ずっと抱えていた私の言うに言われぬ心情を一気に救って下さいました。
このご恩を忘れず、会社の発展の一助になれるよう、全力でお役に立ちたいと思っています。

今はさまざまなイベント、メディアを通じて「井内由佳」のファンを増やせるように、裏方として頑張っています。

同じ女性からみても由佳社長は憧れの存在。努力を惜しまず、妥協せず、明るく前向きにいつもキラキラと輝いています。
どうしたらそんなになれるのか、「こころと身体の磨き方」や「夢や希望を叶える考え方」を分かりやすく教えてくれます!

一人でも多くの方が由佳社長の存在を知って、輝く人生の扉を開いて頂けたらと思っています。

1人ではできない経験や大きな夢を見ていきたい!

以前は1人で経営指導の仕事をしていました。その日も、あるお店に経営指導で伺うと、そちらのオーナーさまから「読んでみてほしい本がある」と勧められたのが、由佳社長の本だったんです。『人生が絶対うまくいく神さまのお告げ』という本でした。その日あったことを母に話すと、なんと母も由佳社長の本を何冊も持っていて、すぐに手に取り読み始めました。

その後、オーナーさまの紹介で由佳社長と会う機会がありました。少し話して、その場で「うちで働かないか?」と誘いが。「これは頂いたチャンス」と思い、初めて由佳社長に会ってから、すぐに入社を決意しました。

これからどんどん大きくなるField of Dreamsの力になることが私の夢です。どんな忙しくて、大変でも明るく、楽しく。由佳社長の姿をみてField of Dreamsで最初に学んだこと。1人ではできない経験や大きな夢を見ていこうと思っています。由佳社長の本やスキンケア、サプリメントがお客さまの人生をもっともっと明るく、楽しくなる“きっかけ”となれば嬉しいです。

大切な人と過ごす空間や時間を作っていきたい!

もともとは母が由佳社長のセミナーに参加していたんです。セミナーの中で由佳社長が「北海道でぶどう畑をつくる」という話をしていたそう。それから、母は毎日のように「北海道に行きたい」と言っていました。母は一人では北海道へは行けない。だったら元もと農業にも興味があったわたしが、母の代わりに夢を叶えようと、由佳社長に会いに行ったことがきっかけでした。そしていま、わたしは北海道にいます。

わたしの夢は、母の夢を叶えること。次の夢は、まだ模索中です。これからの夢を探し、叶えるためのスタート地点にたたせてもらった感覚。いまぶどう畑を一からつくっています。ぶどう畑では、たくさんの笑顔や喜びもつくりたいと思っています。お客さまの大切な人と一緒に過ごす空間やその時間を彩り、特別なものにしていくお手伝いがしたいです。